浮気調査の依頼はいくつかの問題をクリアする必要がある

浮気調査で困ったことは何ですか
浮気調査で困ったことになった、そんな話を耳にしたことはありませんか?
・パートナーの浮気を調べるため、探偵に浮気調査を依頼したが、その浮気調査が失敗してしまった。
・浮気調査を依頼してみたものの、いつまで経っても浮気の証拠が取れない。
・パートナーに尾行がバレてしまって、浮気を調べるどころではなくなった。
このような話を聞くと、浮気調査を依頼しようと思っていた人は、依頼を考え直してしまうかもしれませんが、こうした問題は、探偵に浮気調査を依頼する前に問題を予防することができます。
浮気調査を依頼して問題になってから対処したのでは、手遅れになる可能性が高いため、まずはどんな問題が浮気調査にあるのか確かめておきましょう。
浮気調査で重要なこと
浮気調査を行う場合、まずは配偶者の浮気によって自分がどうしたいのかを考えるべきでもあります。
浮気=離婚と結論が出ているのなら、すぐにでも浮気調査をして離婚時に自分が不利にならないように浮気の証拠を集めることが良いでしょう。
浮気したからといって離婚は考えていない場合でも浮気の証拠、浮気相手の情報は知っておくと良いかもしれません。
離婚をしなくても相手に慰謝料を請求することはできます。
浮気相手のフルネーム・住所は慰謝料を請求する場合に必要になるので知っておく必要があります。
探偵に浮気調査を依頼する場合は料金が発生するので、どのくらいの金額が必要なのか依頼する前に確認しましょう。
浮気調査をしている間に重要なのは平常心です。
配偶者が浮気をしているので、辛い・悲しい・怒りなど複雑な感情が出てくるのは当たり前です。
とくに自分で浮気調査を行う場合は、浮気の証拠が出てくるたびに感情を抑えるのが大変になってくることもあるでしょう。
悲しみや怒りをぶつけて浮気を疑っているような言葉や反応を見せてしまうと警戒されて証拠を掴めないことも考えられます。
こちらの行動を怪しまれないためにも配偶者と一緒にいる時間は平常心を保つようにしないといけません。
浮気の証拠はどんなものでも残しておこう
浮気をする人は男女とも少なくありません。自分の夫があるいは妻が密かに浮気している事もあります。そこで気になる人は浮気を確認する事も一つの手です。浮気の事を確認できた時には裁判所を巻き込んで、慰謝料なども請求も出来ます。ここでは浮気の証拠について知りましょう。
・裁判で有効な証拠とそうでない証拠
浮気調査を自分でしていく中でいろいろな証拠を掴む事ができます。ですが、その証拠の全てが裁判での慰謝料請求について役に立つかは別問題です。たくさんある浮気の証拠の中でも特に効果が強いのは浮気相手との間に肉体関係があるか、どうかです。
婚姻関係にある人が浮気を立証するためには、配偶者以外の人物との肉体関係がある事実を掴み証明しないとだめです。言い換えるとキスやデート、親密なメールのやり取りだけでは法的には浮気扱いになりません。
ただし、浮気をしている証拠はできるだけ集めておいた方がいいでしょう。肉体関係がある事の証明以外にもクレジットカードの明細やメールのやり取りなども取っておくといいです。裁判ではあまり意味を成しませんが、配偶者に対して精神的にプレッシャーを与える効果があります。
たくさん浮気の証拠は見つける事ができるならそれらも無駄にせずに、残しておきましょう。
財布とパソコンの中を調べれば簡単に浮気チェックが出来ます
配偶者や恋人が浮気をしているかもしれない、という時、ほとんどの人が真っ先に手を伸ばすのが、その人の持っているスマホです。
スマホを見れば、浮気の証拠が見つかるかもしれない、そう思って手を伸ばすのです。
ですが、スマホはパスワードでロックされていることが多いので、そこから証拠を手に入れるのは難しいです。では、いったいどこから浮気の証拠を手に入れてくればいいのでしょうか。
浮気の証拠を手に入れる上で役に立つのは、財布とパソコンです。財布は、どこへ行くにも必ず身につけるものなのでこの中に思わぬ証拠が入っていることがあります。例えば、財布に日頃行かない店のレシートがあったり、避妊具を隠しもっていた場合、浮気している可能性が濃くなります。しかし、まだそれだけでは相手が浮気しているかどうかはわかりません。なので、追加の調査が必要になります。
ここで役に立つのがパソコンです。
配偶者や恋人が日ごろ使っているパソコンの中にある一時データ、いわゆるキャッシュを確認すれば、その人が浮気しているかどうかがわかります。
ばれない浮気とかラブホテルとか、そういうキーワードで何度も検索をかけていた場合、黒と断定して間違いないでしょう。
このように、財布とパソコンの中を調べれば、その人が浮気しているかどうかがだいたいわかるので、この人は浮気しているのではないか、という疑いを持っている人は一度調べてみるいいでしょう。